CONTACT
運営などに関して
(受託事業者)
株式会社BPL
本事業全般に関して
広島県 地域政策局 中山間地域振興課
里山人材力強化グループ
ひろしま里山グッドアワード

安芸高田SDGsの取組~未利用資源(耕作放棄地・空き家など)を利用して、みんな笑顔に~

取組の写真
安芸高田SDGsの取組~未利用資源(耕作放棄地・空き家など)を利用して、みんな笑顔に~
一般社団法人地域QOL研究所
安芸高田市

活動の内容

地域の未利用資源の活用をもとにSDGsへの貢献を図る中、目標を持ち、総力戦で安芸高田市の活性化に取り組んでいます。

地域の人を引っ張り込むワークショップを起点に、地域内で物流をまわし、里山の賑わいに繋げていきます。

さとやま未来博2017からスタートし、さとやま未来博2021では、安芸高田SDGsとして、コロナ禍でのオンライン併用の5テーマのワークショップ

  1. 花と歴史街道

  2. 食品廃棄物の利用

  3. 耕作放棄地に菜種を植えるプロジェクト

  4. 健康寿命をのばす(フレイル対策)

  5. ピザ窯を作ろう!

を実施し、ステップアップしてきています。

取組の写真
取組の写真

活動をはじめた経緯

「里山を元気に出来ないか」という、地域活動に取り組む友人たちの声のもと、広島県さとやま未来博2017を契機に活動を開始しました。
2018年に地域づくりコンサルタント会社(スタッフ6名)を創業した私たちですが、県の勉強会で知り合った団体の相談にのり、アドバイスをしたところ大変喜ばれました。中山間地域の役に立つ存在になりたいと思ったきっかけのひとつです。

【その活動を始めるきっかけとなった地域課題】

当地における資源を以下のように捉えています。

  1. 日本画家和高節二、2名の彫金作家

  2. 健康寿命をのばす地場の米や野菜

  3. 竹、藍、葛といった未利用資源

これら里山の資源が活かされていない、地域の宝ともいえる人材が結びついていないと考えたことがきっかけでした。

活動により期待できる効果

地域の賑わいと里山の復活、そして取り巻く三世代の豊かな交流につなげていくことができると考えています。

ワークショップには、安芸高田市の住民をはじめ、外部からの参加もあります。
「日本画家和高節二と向原」としたワークショップ&コンサートでは約80名の参加がありました。

取組の写真
取組の写真

今後のビジョン

ワークショップや研究開発の拠点にするため、閉校になった小学校を利用できるよう、安芸高田市と協定をむすびました。

風力・太陽光発電で電力を生み、それを農業の水耕栽培(鳥獣対策に有効)に活かすという新たな技術に取り組んでいきたいと考えています。

人材育成を図りながら、都市部と中山間地域の相互循環による賑わいづくりにつなげていきます。

団体名 一般社団法人地域QOL研究所
代表者 田村眞悠
応援メッセージ
  • くにちゃん

    空き地問題は深刻ですよね。
    地域や、地球のためのSDGs応援します。

    2022年11月28日 6:56 PM
  • 元広島単身赴任おじさん

    安芸高田は良いところですね。

    2022年11月29日 8:35 AM
  • 名無しさん

    応援しています

    2022年11月29日 9:01 AM
  • いくさん

    賑やかになるように頑張って下さい!

    2022年11月29日 8:48 PM
  • ひで205

    地元の資産はみんな財産です。利息の様に増えたりはしませんが活用する事で住まいする地域が元気になれば素晴らしい事です。

    2022年11月29日 8:54 PM
  • こば

    素晴らしい取組ですね!

    2022年11月30日 12:23 PM
  • すえ

    家や畑を荒らさずに活かせたら最高ですね

    2022年11月30日 12:44 PM
  • よっちゃん

    未利用資源の活用良いと思います。

    2022年11月30日 1:34 PM
  • ちかり

    応援してます!

    2022年11月30日 1:54 PM
  • サトル

    就農希望者が集まって地域活性化

    2022年11月30日 8:57 PM
  • 川レンジャ

    応援します

    2022年11月30日 9:17 PM
1 15 16 17

グッドアワード2022

2022年度の投票は終了いたしました。